美味しい楽々ごはん

一週間分作り置き

和食には昆布や煮干しなどの出汁、洋食には魚介類の旨味など、それぞれの料理には下ごしらえが欠かせません。その方法も様々で、数時間かけて煮込む料理もたくさんあります。このように料理には手間がかかりますが、家の食事ではなかなか時間がかけられない事が多いと思います。しかしこの下ごしらえの有無で、料理の味は大きく変わるのです。
唐揚げを作る際に、醤油や酒などで下味をつけます。また塩麹などに漬けておくと、お肉が柔らかくてジューシーに仕上がります。これをしないで肉を揚げると、旨味が足りない少々味気ない唐揚げになってしまうのです。魚を煮る場合は、事前に熱湯に通すことで臭みをとる事ができます。塩を振る事で、食材の旨味を引き出す方法もあります。このように、下処理はとても重要な作業なのです。
しかしこれを最初から丁寧に行うとなると時間がかかってしまいます。サラダやスープなど何品も作ると考えると、もっと時間が必要です。毎日仕事で忙しく帰りが遅い人や、家事育児でまとまった時間が確保できない人など様々な状況があるでしょう。このような状況でも負担なく簡単に美味しい料理が完成する方法が、まとめて出来る下ごしらえです。隙間時間を使って簡単にできるので、忙しい男性の一人暮らしにもオススメです。簡単でありながら、手抜きにならない旨味たっぷりの美味しい料理が完成します。そして毎日の料理が大幅に短縮できるので、リラックスタイムが増えるかもしれませんね。

美味しい食事は下準備から

献立を考えたり調理時間の短縮におすすめなのが、予め具材を切って味付けをするなど下ごしらえをしておく方法です。これをしておくことによって、忙しくて時間がない時でも、さっと火を通すだけでメインの1品が完成します。 一週間分の買い物もしておくと、さらに毎日の料理や日々の家事が楽になるでしょう。

便利な保存方法

一週間分の下ごしらえをしておいても、それを数日冷蔵庫に置いておくと消費期限が切れて食べられなくなってしまいます。無駄を無くすためにも、保存方法には注意が必要です。 食べ物は、良い衛生状態でなければなりません。安心安全な方法で保存し、簡単で美味しい料理を楽しみましょう。

マンネリしない一工夫

毎週毎週まとめて下ごしらえをしていると、だんだんと味付けやメニューのバリエーションが減ってくるでしょう。マンネリ化してしまうと、せっかくの時短家事も憂鬱なものになってしまうかもしれません。 マンネリ化しないためにも、万能な味付けや下処理など工夫をする事がポイントです。

▲ TOPへ